ナスの効能や調理方法

ナスの効能や調理方法
夏野菜の一つであるナスは、秋茄子と言われているように、秋が一番食べ頃なんだ。
ナスは全体の90%以上が水分でできていて、カロリーも20kcalしかないため、
栄養価が低いのでは?と思われがちです。
しかし、ナスの皮には「ナスニン」と言われる成分が含まれているんだ。
ナスニンには抗酸化作用があり、ブロッコリーやほうれん草などの野菜より
強いと言われているんだ。
抗酸化作用には老化や免疫機能を低下させる働きがあるんだ。
また、カリウムが豊富に含まれていて、主に血圧を下げる効果があるんだ。
さらには、体の熱を外に逃がす効果もある為、夏に食べると夏バテ予防にもなるんだ。
さらには、食物繊維が多く含まれていて、胃腸を整える役割があるよ。
このように、いろいろな栄養素が含まれていて、かつほとんどが水分でできていて
低カロリーなので、ダイエット食として活用することをお勧めします。
鮮度のいいナスの選び方
◆1:ナスの表面に傷がついていないか。
◆2:ヘタの棘が立っているか。

の2点があるよ。
表面に傷がついているナスは、その傷口から水分が飛んでしまっている可能性が高いんだ。
そして、ヘタの棘が立っている…つまり棘が鋭くて硬い場合は、
採れてから日が経ってないことを示しているんだ。
栄養を逃さないナスの調理方法
◆1:皮ごと調理する。
◆2:なるべく加熱しない。

の2点があるよ。
上記のように、皮に栄養素がたくさん含まれているため、皮ごと調理することがオススメだよ。
ただ、アク抜きする時に、水につけすぎると成分が溶けてしまうので
長くつけすぎないようにしよう。
そして、カリウムは加熱することで働きが弱まってしまうことがあるので、
カリウムを摂取したい方は、漬物やサラダにして食べるのがいいでしょう。

【ナスについて参考URL】
https://mogwell.karadashift.jp/80037
https://www.olive-hitomawashi.com/column/2017/02/post-39.html

コメント

タイトルとURLをコピーしました