野菜の保存方法2

たけのこの保存方法
① 皮つきのたけのこ
3日ほど持つ。
切り口から水分が出るため、新聞紙にくるんで涼しいところにおく。

 

② 皮をむいた状態のたけのこ
あくが出てえぐくなりやすいので、生では2日しか持たない
③ 茹でてあく抜きしたたけのこ
頭の部分を切って、皮をむかないで大きな鍋に入れる。
たけのこが被るよりも多い、たっぷりの水で1~3時間茹でる。
火を止めたら自然に冷めるまで放置。冷めたら皮をむき、
密封できる容器を用意し水に浸して保存する。

※茹でるときに米ぬかを入れるとなお良い
密封容器の水を毎日入れ替えれば10日ほど持つ。
④ 味付けしたたけのこ

1日しか持たないため、食べる分だけ調理すべし
※どろっとして酸っぱくなったら傷んだ証拠なので食べるのはやめましょう!

◆補足情報
たけのこはあったかい時期が旬なので特に傷みやすいです。
品質に気を付けておいしく食べましょう
2種類の野菜の保存方法
<ケール・キャベツ>

葉物野菜を保存するためには野菜が育つ環境に寄せることが大事です。日光、風に当てないことで野菜の鮮度を保つことができます。

ケール、キャベツ共に冷蔵庫に入れて風が直接当たらないように置くと、2週間ほど持たせることができます。
包装によっては、鮮度の保持に向いているビニールが使われていることがあります。その場合はそのまま冷蔵庫に入れても品質は維持しやすくなっています

※黄色くなった部分も食べられます。断面はカビが生えることがあるので注意

<カリフラワー>

冷蔵庫に保存で大体2週間持たせることができます。風に当たるとしわしわになるため、袋に入れて保存すると良いです。

*黒い点々やカビがでている部分は切って加熱するとおいしく食べられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました